4.報告と連絡の違い

ビジネスにおいて、
「報連相」は大切である。

仕事をする上での必須といえる。

「報・連・相」は早めに正確に必要な情報を伝え,
お互いの立場や考え方を共有する。

共有化は、
人間関係の向上
モチベーションアップ
チームワークの向上
業務の効率化へとつながる。

ところで、報告と連絡の違いについて考えてみよう。

報 告
過去から現在の状況をその仕事を指示した人に伝えること

連 絡
これからの予定や時間,
その変更などを伝えること.複数の人に伝えることが多い

「報告上手」は「任され上手」という。

日ごろの報告・連絡の仕方を振り返ってみよう。(豊田/伊藤)

関連記事

  1. 61. 「学ぶ」は、まねることから

  2. 23. 希望を持つ準備とはあきらめること?

  3. 14. 成果をあげるための最初のステップ

  4. 70. シニア社員は、有力なメンバーだ

  5. 76. 働き方の質を高める改革とは

  6. 29. 明日への活力

  7. 54. 説明と言い訳

  8. 62. 仕事の仕方

  9. 55. やらねばならないこと

最近の記事

PAGE TOP