25. 自分の仕事の分類

ポジティブ心理学において、
自分の仕事に対して、人は、以下の3つの分類に分けられる。

「ジョブ」、「キャリア」、「コーリング(天職)」

「ジョブ」と捉えた人は、
お金をもらう以外は、なにも期待していない。

「キャリア」と捉えた人は、
給与アップ、権力、特権など外的要因を期待していて、
出生することを願っている。

「コーリング」と感じている人は、
その仕事を行うそのものが目的であり、
自分の生きがいを感じ、精神的にも充実している。

自分の成長、向上など内的な動機づけで仕事をしている。

心理学者のアブラハム・マズローは、
「自己実現こそ最高に素晴らしい幸運である」と言っている。

つまり、ここで言う「コーリング」を見つけることこそが、
我々の人生の目的ではないだろうか?

今の自分は、
「ジョブ」、「キャリア」、「コーリング」のうち、
どこに分類されるだろうか?

たとえ「キャリア」と外から見えていても、
自分と向き合える時間がない、
家族との時間が取れないなど、
本人は、「労働」と感じている人も多い。

ここで、自分の仕事を少しでも「
天職」に近づける方法を一つ紹介したい。

まず自分の価値観は何だろうか?

今やっている仕事に自分が近い将来やりたいことに
結び付けることは可能なのだろうか?

自分の価値観と今の仕事に少しでも繋げることができれば、
新たな発見が得られ、前向きな目標が生まれるだろう。(高橋)

関連記事

  1. 7. 日本のリーダーシップ

  2. 6. 体調管理と電車の遅延

  3. 78. シニアになっても衰えない能力がある

  4. 29. 明日への活力

  5. 62. 仕事の仕方

  6. 69. 変なルール

  7. 47. 組織崩壊マニュアル 

  8. 79. ドラッカーのタイムマネジメント

  9. 76. 働き方の質を高める改革とは

最近の記事

PAGE TOP