34. 役割が人を成長させる

ニューロ・ロジカル・レベル
(神経論理レベル)というモデルでは、
自己の意識を5段階に分けて考える。

1.自己認識 : 自分の役割は何か

2.信念価値観 : 何を信じているか、何を大切にしているか

3.能力 : どのような能力を持っているか

4.行動 : 何をしているか

5.環境 : どこにいるか、何を見たり聞いたり感じたいしているか

自己認識や信念価値観の上位レベルの変化が起きれば、
能力や行動などの下位レベルに必ず影響を与える。

例えば、人がリーダーに抜擢され、
自分はメンバーをリードする役割であるとの自己認識を持ち、
自分の仕事だけではなく、
チームの成果を上げるのが最も大切なことだと価値観を変えれば、
発揮する能力や仕事振りが変わります。

リーダーの仕事ができるから、
リーダーとしての自己認識を持つのではなく、
リーダーとしての自己認識を持つから、
リーダーの仕事ができるようになったり、
足りない能力があれば自ら学ぶようになったりするということだ。

自己認識の変化が、
能力や行動の変化を生み出す。(高橋)

関連記事

  1. 47. 組織崩壊マニュアル 

  2. 40. 違いを生み出そう

  3. 78. シニアになっても衰えない能力がある

  4. 79. ドラッカーのタイムマネジメント

  5. 76. 働き方の質を高める改革とは

  6. 26. 不機嫌な組織

  7. 71. 伸びる人は、教わり上手

  8. 62. 仕事の仕方

  9. 84.はたらく意味

最近の記事

PAGE TOP