19. エクアドル・キチュア族に伝わる民話

アマゾンの森が火事になり、
森に住む動物たちはわれ先にと逃げていきました。

けれどもクリキンディという名のハチドリだけは、
森と池をいったりきたり、
小さなクチバシで水のしずくを一滴ずつ運んでは、
火の上に落としていきます。

それを見た大きな動物たちは、
「そんなことをしていったい何になる」
とクリキンディを笑います。

クリキンディはこう答えました。

 「私は、私にできることをしているだけです」(豊田)

関連記事

  1. 46. 楽しみのとらえ方

  2. 32. いにしえの日本人気質

  3. 52. 本当のおもてなし・心づかい

  4. 49. 致命的な7つの習慣と身につけたい7つの習慣☆1

  5. 57. 困りごとを小さく、幸せは大きく

  6. 43. 言霊の力

  7. 36. 成功の目的

  8. 21. 怒りを和らげるテクニック

  9. 63. 先人たちのリスクマネジメント

最近の記事

PAGE TOP