21. 怒りを和らげるテクニック

人はある出来事に遭遇した場合、
その出来事に反応するのでは無く、
その出来事にどのように「解釈したか」に反応する。
通常、人が反応するまで、6秒と言われている。

例えば、
部下が朝一の大事な会議に遅れて出勤してきた[出来事]。
上司であるあなたは、その部下になめられたと思い[解釈]、
怒鳴ってしまった[反応]。

この反応を和らげるためには、
一つの方法として、
自分の解釈に6秒以内に反論する習慣を身に付けることが挙げられる。

これは、「ポジティブ心理学の父」とも呼ばれる
マーティン・セリグマンが紹介した「反論法」☆1である。

上記例で言うと、
「その部下になめられたと」という自分の解釈にまずは
反論してみる。

「遅れることは、誰にでも経験したことがあることだ。
今まで彼は一度も遅れたことがない。
また、先週もきちんと業務を熟してくれた。」

この反論から、
新しい意味付け・解釈が出てくる。

「きっと彼の遅れに何か理由があるはずだ。先ずは彼に聴いてみよう。」

このように、
自分の突発的な解釈に反論法を活用すると、
ほとんどの場合、冷静な判断・反応ができるようになり、
怒りを和らげることができるようになる。(高橋)

 ☆1『オプティミストはなぜ成功するのか』マーティン・セリグマン著(講談社)

関連記事

  1. 48. 解釈と影響

  2. 58. 夢をかなえるためには

  3. 46. 楽しみのとらえ方

  4. 19. エクアドル・キチュア族に伝わる民話

  5. 57. 困りごとを小さく、幸せは大きく

  6. 64. 人生で一番多忙だった30代の頃の自分へのアドバイス

  7. 32. いにしえの日本人気質

  8. 45. 励まし

  9. 59. 運がいい

最近の記事

PAGE TOP