41. 刺激と反応

人は、
ある「刺激(出来事)」に対して、
「反応」する。

己の感情のみに任せていると、
致命的に反応してしまい、
今まで築きあげてきた仕事、
人間関係や、努力が皆無になってしまう。

相手への怒鳴り/暴力、物品の衝動買い、
過食などは、

すべて己の感情に任せていた反応と考える。

他の動物と違って、
人には、知性、意思、良心等があり、
刺激に対する反応を選択する能力がある。

刺激に対して、
瞬時に反応するのではなく、
数秒間(一般的に約6秒間)待とう。

感情が収まり、建設的に考え、
適切な反応ができるはずだ。(高橋)

関連記事

  1. 9. 怒りの調節

  2. 88.魚は頭から腐る

  3. 16. 研修の評価について(その2)

  4. 60. 論理的な仕事の仕方

  5. 35. 言いにくいことはメールで。そのコミュニケーションは間違っている

  6. 52. 本当のおもてなし・心づかい

  7. 94.新入社員になる皆さんへ 「頭のいい?」先輩には気を付けよう

  8. 75. 怒りの下にあるもの。その1

  9. 93.桜

最近の記事

PAGE TOP