32. いにしえの日本人気質

古来より、日本をはじめアジア各国では
自然と調和した暮らしぶりを尊ぶ。

欧米人は押しなべて陣地を囲い、
頑丈な家をこしらえ、
自然の恵みを狩って命を紡ぐ。

布は着丈に合わせて裁断し、
着脱しやすいよう固いボタンやチャックで仕上げる。

私たちは、布のまとい方に工夫を凝らし、
1枚で何通りの着方もできるよう余韻を残す。

風呂敷の包み方のバリエーションを覚えるのと、
中身に応じて用途別のバッグを製作するのでは、
便利が違う。

こうして暮らしてきた私たちは、
人間が環境に合わせて変化するのが常態で、
環境そのものを変える思考には
なりにくいのかもしれない。

アングロサクソンが
人為的につくった環境に対しても自分を抑え、
我慢し、何かを諦めて何かを得ようとする。

惜しむらくは無機質で人工的な環境に身を任せても、
自分たちにとって都合がいいような恵みは期待できないだろう。(吉松)

関連記事

  1. 19. エクアドル・キチュア族に伝わる民話

  2. 86.反対の反対

  3. 39. キラキラするものを光らせておく

  4. 30. 本当にやりたいこととは?

  5. 42. 忙しい時ほど自分を整える

  6. 64. 人生で一番多忙だった30代の頃の自分へのアドバイス

  7. 51. 運がいい

  8. 66. 根っこを張る

  9. 52. 本当のおもてなし・心づかい

最近の記事

PAGE TOP